両手仲介はホントに悪なのか?囲い込みは?売り主目線で解説!

2016/12/18

 
不動産売却における両手仲介と片手仲介を解説している多くのサイトでは、「両手仲介は悪」として説明されています。
 
では、両手仲介を行っている不動産業者はなにか悪いことをしているのでしょうか?
 
 
両手仲介を担当している不動産業者は、売り主の仲介として営業活動や重要事項説明書の作成などを行いつつ、買い主の仲介として融資の申し込みなどを行っています。
片手仲介の不動産業者より多くの仲介手数料を受取るだけの仕事をしています。
 
両手仲介をしたからといって、その不動産業者を悪と決めつけるのは安直です。
 
 
 

両手仲介=囲い込み?

では、なぜ多くの解説サイトでは両手仲介が悪とされているのでしょうか?
 
 
それは「両手仲介」=「囲い込み」と捉えているからです。
 
囲い込みとは、他の不動産業者から問い合わせがあっても物件を紹介せずに、自社のみで買い手を探すことです。
悪徳業者は、物件を他社に譲らず囲い込み、買い主の仲介も兼ねることで2倍の仲介手数料を得ようとします。
 
 
たしかに、囲い込みを行えば両手仲介になります。
ただし、両手仲介だからといって囲い込みを行っているとは限りません
 
 
 
単純に専任媒介契約を結んだ不動産業者の営業力が強く、買い手を探してきてくれることもあります。
同じ売買契約でも2倍の報酬を得ていることから、両手仲介を行っている業者は裏でなんか悪いことをしているのではないか?と疑ってしまう心理も悪影響しているのでしょう。
 
 
 

囲い込みの問題点とは?

そして、もうひとつ正しく理解しておかなければいけないことがあります。
「囲い込み」のなにがいけないのか?ということです。
 
両手仲介が悪という考え方の原因ともなっている囲い込みですが、実際なにが問題なのでしょうか?
 
 
売り主にとって囲い込みによる問題は2つあります。
 

売却が遅れる可能性がある

他の不動産業者からの問い合わせを受ければ、より早く売れたかもしれませんよね。
囲い込みによる販売機会損失により、物件の売却が遅れてしまう可能性があります。
 
 

売値を下げられる可能性がある

囲い込み業者が自分たちで買い手を探しやすくするためには、物件価格を下げることが効果的です。
そのため、売り主であるあなたに売値を下げるよう交渉してきます。
 
 
 
早く高く売却したい売り主からしたら、どちらも大きな問題です。
ただ、売値も下げずに早く売却できたら囲い込みも悪ではないとも言えます。
 
ここは非常に重要ですので、正しく理解してください。
 
 
 

売り主のあなたの目的は?

多くのサイトは両手仲介は悪だ、囲い込みは悪だと言います。
でも、ここまで読んでいただいたあなたは、必ずしもそうではないことを知っています。
 
 
売り主であるあなたの目的をもう一度確認してみましょう。
両手仲介を阻止することでも、囲い込みを阻止することでもなく、あなたの物件をより早く、より高く売ることです。
 
つまり、両手仲介であろうと物件が満足のいく値段で売れれば、なんの問題もないはずです。
 
 
 
両手仲介や囲い込みを回避するために、一般媒介契約を検討する方もいるかもしれません。
たしかに、一般媒介だと特定の不動産業者に独占権はないので、囲い込むことはまずできないでしょう。
 
しかし、囲い込みを阻止できたとしても、物件が売れなければ意味がありません。
多くの不動産業者は一般媒介契約の物件より、専任媒介契約の物件を積極的に販売してくれます
 
両手仲介や囲い込みを恐れるあまり、本来の目的を見失わないようにしましょう。
 
 
不動産物件を売却したいという目的を達成するためには、信頼できる不動産業者と専任媒介契約を結ぶことをおすすめします。
まずは、信頼できる不動産業者を探すことから始めましょう。
 
くれぐれも両手仲介を阻止することに余計な労力を使わないでくださいね。
 
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-仲介手数料